ワークセンター「明日へのかけはし」

〒260-0045 千葉県千葉市中央区弁天1-21-4 小川第3ビル1F

TEL:043-216-2333

お問い合わせフォームへ アクセスはこちら

ワークセンター
「明日へのかけはし」について

画像:所長 生方芳和

所長 生方芳和

所長からのメッセージ

「悔しくて眠れない夜があった、怖くて震えていた夜があった」

ゆずの『栄光の架橋』の一節です。
皆さんには、きっとこのような経験があるのではないでしょうか。自分の力が認めてもらえなくて悔しい思いをしたり、人間関係や仕事に対する不安を感じたりしたことも多かったかもしれません。
しかし、「背中をちょっと押されるだけで人は変われる」と確信しています。私自身、そうでしたから。その思いと経験をバネに、ゼロから就労移行支援事業を立ち上げました。
私たちは、皆さんの就労を全力でサポートします。
私たちと一緒に、社会で生きる力を身につけましょう!

利用者さんの声!

Iさん(男性20代)

 私は、大学卒業後、就職先がなかなか見つからずハローワークに行ったところ就労移行支援事業所というものを初めて知り2016年6月から「明日へのかけはし」に通所しました。「明日へのかけはし」内でのトレーニングを通じて実際の仕事で必要なことを身につけていきました。その中の就職活動では、私の「適職」を見つけることに大変苦戦しました。支援者の方々と相談を繰り返し、私自身の適職を探していきました。そして支援者の方が提案して下さった企業体験に参加することで「本物の仕事」「働くとはどういうことなのか」を体験させていただきました。その他にも支援者の方々には数多く支えていただき、また他の利用者の皆様には、休憩中のコミュニケーションやSST(ソーシャルスキルトレーニング)などの講座で様々な意見をいただきました。この事が、私が「明日へのかけはし」に長く通い続けることができて、そして働くことができるようになった大きな要因だと思います。なので、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

Rさん(女性10代)

 高校3年の時に「明日へのかけはし」に実習にきて、「自分が成長できる場所」だと思い入所を決定しました。通所して1年が経ちます 学校では勉強して間違えたり、ミスをしたりしても許してもらえましたが、「明日へのかけはし」では実際の「仕事」を前提にトレーニングをおこなうので、責任感、集中力が身につきました。また年齢も異なる人たちと一緒に通所することで、緊張感もありとても刺激になります。またスタッフの皆さんもとても話しやすく何でも相談にのってくれるので心強いです。

 

Cさん(女性20代)

「明日へのかけはし」に通所して約3か月です。就労経験は少しはあったのですが「自分に何が足りないか、何が必要なのか」自分ではわかっていない部分をだんだんと知ることが出来るようになりました。それは支援者の方が一人一人をしっかり見てくれているお陰だと思っています。本当にここを選んで良かったです!!

 

Mさん(女性30代) 

 8年前に仕事を辞めてから働きたいとは思っていましたが、なかなかきっかけがなく時間だけが経っていました。一昨年の7月から「明日へのかけはし」に通所するようになり一番の苦手であった「初対面の人とコミュニケーションをとること」が自分なりに克服できるようになりました。就職の相談や困った事があっても優しくわかりやすく説明して下さり今年3月に就労が決定しました。今は「いつでも相談できる場所「明日へのかけはし」」があるので安心して就労先で働いています。

 

 利用者さんのご家族①

 通所する前の娘は、生活リズムが不規則で、散歩と通院するくらいで外出することもほとんどありませんでした。しかし「明日へのかけはし」に通所するようになってからは、他の人とのコミュニケーションも取れるようになり、物事を前向きに考え就労についてもしっかり考えるようになりました。「明日へのかけはし」は家族との連絡をまめにしてくれ娘の様子がわかり私にとってもとても暖かく安心できる事業所です。

 

利用者さんのご家族②

 通所進学先を途中で辞め、初めて働いた職場もうまくいかず、娘にとって初めての大きな挫折をどう乗り越えるか親としては大変心配でした。振り返れば、親が先回りしていた事も多く、娘が本当のところどうしたいのか、何が問題なのか探り出せずにいました。そんな時、自らいくつかの就労支援事業所を回り、自分で決めたのが「明日へのかけはし」でした。一番の決め手はアットホームな雰囲気だそうです。「明日へのかけはし」では親である私達の気が付けなかった娘の心の傷や抱えている問題を探り出し、辛抱強く問題に取り組み支えて下さいました。私達親にも度重なる面談やメールなどを通して、娘に出来る事をアドバイスして頂きました。当初は、すぐに仕事を見つけて働く事になるだろうと思っていましたが、抱えている問題は思っていた以上に深く、一年半かけてじっくりと娘に向き合って下さったスタッフの皆様に本当に感謝しています。今回の就職が決まった事は、娘には1つ大きな自信になったと思います。それでもまた、新しい社会に入る事は大きな不安があるかと思います。今後も定着に向けてフォローもして頂けることは、娘だけでなく親にとっても心強いことです。娘が「明日へのかけはし」に出会えた事は本当に幸せな事でした。1年半、時に自分の問題に向き合い難しい時もあったと思いますが毎日楽しく休む事なく通わせて頂きました。人生の岐路に立ち、親子で不安がいっぱいの時でしたが、大変貴重な1年半でした。本当にありがとうございました。

当所の特長

ご家族との連携を大切にしています!

 ご本人だけでなく、ご家庭の協力を得ることにより効果的な支援ができる場合は多くあります。特に若年層のご家庭の方々が色々な不安、悩みをお持ちの場合、一緒に共有し考え相談し「働く」というゴールを目指します。

 

面談を多く取り入れています

  一人ひとりのニーズ、特性等は異なります。ご本人と信頼関係を築き、ご本人の得意とすること、続けられることを訓練、多くの個人面談や外部連携を通して、一緒に考えていくことをとても大事にしています。 また当所にはキャリア・コンサルタント技能士(国家資格)有資格者が常駐しております。自己分析、適職、就職活動の支援、外部同行はもちろんのこと就職相談以外にも本人の困っていることや悩んでいることの話の傾聴やご家庭の方からの相談対応と多岐に渡り支援しております。

 「当所を利用し出逢ったことにより、一人ずつ持っている『宝物』を引き出し、たくさんの可能性を広げていただくこと」をモットーに、一人ひとりに寄り添い支援します。

 

訓練内容(カリキュラム)を必要に応じて変更しています!

 ご本人が得意とする訓練内容、苦手とする訓練内容は当然ながら異なります。なぜその訓練内容が必要なのか。目的と目標を常に意識することが何より大事です。雇用状況(求人状況)、本人のニーズ、特性、職種のマッチングを常に支援者全員で考え支援しています。

 利用者の方々に「同じ訓練内容の時間」「小グループで分けて行う訓練内容の時間」「個別に行う訓練内容の時間」と必要に応じて変更しています。ご本人にとって必要な訓練内容を考え提供しています。

 

キャリアコンサルタント有資格者が充実した就職支援を行います

 キャリアコンサルタント技能士が就職活動をサポートします。相談、外部同行(面接同行、他機関への動向)、定着支援(就職先への定期的な訪問)など、ご本人のために「より良い先」を一緒に考えます

施設紹介

   

正面玄関 コピー  応接コーナー コピー 2 

 

訓練作業室1 コピー 2  訓練作業室4 コピー 2

 

 

施設名 ワークセンター 「明日へのかけはし」
運営 合同会社 悠伸(ゆうしん)
所在地 〒260-0045
千葉県千葉市中央区弁天1-21-4 小川第3ビル1F
連絡先 TEL:043-216-2333 FAX:043-206-6900
代表 生方 芳和
受付時間 平日  9:00~17:00
定休日 土曜日・日曜日・祝日
事業内容 障害者総合支援法にて定められた就労移行支援事業に基づく各種サービスのご提供

地図

googleマップはこちら

「企業のご担当者様へ」ページへ

「学校関係者の方々へ」ページへ

アクセスのご案内

お問い合わせはこちら

戻る

ログイン

戻る メニュー

カート

JTouch Mobile Extension for Joomla! 2.5 (c) 2011 - 2013 Griddy Designs, LLC